超堅実な作りこみ:id east end OpUS A530

id east end OpUS A530 ちょっと写真がボケましたが。

前回通販で購入したケースがやたら早く届きました。さすがネットバンキングです。id east endさんも仕事が速いです。

言ってもケースなので、特筆すべきレビューも何もないのですが、このケースは写真のとおりシリコンケースの皮版といったもので、じつに堅実なつくりをしています。

内部はスエードで構成されているため傷がつく余地はなく、背面はちょっと役割はわかりませんが若干のラウンド状になっています。

側面も別パーツで構成され、縫製も細めの糸で構成されていながらもシッカリしてます。

こんなかんじで完全無欠な感じもしますが、欠点もあります。

ケースに入れるとぴっちりはまってしまうので、TUNEWAREにあったiPodの引き出し用の紐のようなものがないため取出しがかなり難儀します。

どうやって取り出すかというと、Dock用のスリットから押し出すか、スクリーンの部分を割れないように慎重に押して引き抜くような感じになります。実に出しにくい。

ケースをつけたままでも結構iPodのスマートさは維持されるので、ユニバーサルDockの底板?をはずせば取り付けることができますが、接触不良がおきると怖いのでやっていません。というか60G版は無理でしょう。

あと、当たり前の話ですがパネルとホイール部分はむき出しになるので保護シートは必須です。

今まで出たケースの中ではごつごつしたものが多かったのですが、これほどスマートな理想のケースに出会えて非常に満足しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中