デュアルコアがほしくなってきた

どこまで対応しているのかいまいち分かってないのですが。

今iPodで映画を見るべく昔のDVDをガシガシエンコードしているのですが、相当な量があるのでエンコードに時間がかかります。

で、仕事から帰ってPC立ち上げて(TVの録画で既に立ち上がっている場合もありますが)、エンコードしながらSkypeしつつPodcastを聞きながらTV録画のDVDオーサリングをするという暴挙を行っている次第です。

DVDのエンコードにはXMPEGやらFlaskMPEGやら使っていたのですが、びっくりするほど落ちやすいため使い物にならず、色々渡り歩いた結果、FairUseというリッピングからエンコードまで一括で処理してくれる比較的安定したソフトを使用しています。

このソフトはエンコードにむちゃくちゃ負荷をかけるわけではないのですが、その影響なのかほかのソフトに比べて少々時間がかかるという欠点があります。が、寝てるうちに作業させるのであまり関係なかったり。

一番便利な機能がタスク機能で、エンコードしたい分だけ取り込んで前準備しておけば、あとは一括処理で作業してくれる優れものです。ただ、一度DVDの内容をHDDに取り込みますので、HDD容量に余裕がいります。

まぁそれはいいのですが、先ほど書いたような作業に加えてWeb関係の編集作業もしたりすると、いよいよCPUの負荷がかかってくるため、処理がかなり重たくなります。かといってエンコード用マシンを作りたいという気もありません。管理がめんどいし。

ここまで作業が重なってくると、本来の作業ができなくなってくるので、それを解決するためにデュアルコアのCPUがほしくなってきたというわけです。

今使用しているCPUがAthlon64の3200+で、それのデュアルコア版だと3800+あたりになります。PCワンズ価格で37,290円。エンコード用PCを買うよりもまぁ安いほうです。

買うかなぁ・・・なにより問題はソフトが対応しているかどうかなのですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中