XOOPSテーマ・テンプレートのCSSデザインは無理か?

XOOPSテーマやテンプレートで使用されているデザインは、テーブルタグの組み合わせで製作されたテーブルレイアウトというもので、比較的自在にレイアウトしやすく古いブラウザでも対応しやすい等の理由で一時期大流行しました。

しかしながら、この手法はアクセシビリティにおいてあきらかに有用な方法ではなく、現在では古い手法であるという扱いがなされています。

ここでいうアクセシビリティというのは、一般ブラウザのみの対応だけではなく、lynxに代表されるテキストブラウザや携帯電話、印刷、視覚・聴覚障害者にも対応できることを指します。

理想としては、HTMLは文面の表現のみに終始し、レイアウトデザインはCSSを適用するべきで、うまくいけばCSSの変更だけであらゆるメディアに対応する必要があります。

前置きはともかく、先に言ったとおりXOOPSはテーブルレイアウト主体のいわゆる「古い手法」で、携帯電話の対応には専用のモジュールを使ったり、印刷時にはPHPのプログラムに頼るような状況になっています。XOOPS Cubeがどうなるのかはわかりませんが。

現在、何とかしてCSSのみでレイアウトの表現に挑んではいるのですが、これがまた非常に難しい。

ヘッダ部やフッタ部は何ら問題はないのですが、一番の難関はやはりleft・center・rightのコンテンツ部分で、CSSのfloatだけではどうにも限界があります。というより、もはや「簡単に」構築できる域を超えています。

モジュールのテンプレートにもTABLEが多く含まれており、すべてにおいて修正が必要になってきます。ただ、PHPコード自体をいじる段階までする必要がないのは唯一の救いではあります。

XOOPSテーマのCSS化が成功したらwikiのほうにアップはしますが、現状での対処方法は非常に難しいです。

でもこれが実現できれば他メディアの対応は非常に簡単になるのですが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中