USBとLANを搭載したコンボPCカード:System TALKS SGC-X2UL

System TALKS SGC-X2UL てなわけで買ってみました。

行動が早いというかすでに心が決まっていたというか。あほですね。

これは、System TALKS SUGOI CARD X2UL R3(SGC-X2UL)というもので、LANにUSB2.0コネクタが二基搭載されたものです。

付属品にはUSBの給電を補助するケーブルと、Windows用CDが付いていました。

給電補助ケーブルをつないで、前回紹介したSpeedzter Little CSL25U2BLをつなげてみましたが、スピンアップ時の電力不足はありませんでした。

早速、LOOXサーバ機に接続して、動作確認します。

以下は参考サイトです。

まずは、このコンボカードをPCカードスロットに差し込み、lspciしてみました。

# lspci
(省略)
01:00.0 USB Controller: VIA Technologies, Inc. VT82xxxxx UHCI USB 1.1 Controller (rev 61)
01:00.1 USB Controller: VIA Technologies, Inc. VT82xxxxx UHCI USB 1.1 Controller (rev 61)
01:00.2 USB Controller: VIA Technologies, Inc. USB 2.0 (rev 63)
01:00.3 Ethernet controller: VIA Technologies, Inc.: Unknown device 8139 (rev 10)

ついでにdmesgも確認した結果、どうやらネットワークにRealtekのRTL8139というものを使用し、USBははVIAのVT82xxを使用しているようです。

RTL8139は結構有名なチップセットらしく、ドライバも標準で入っています。
ドライバの存在を確認するには、以下のコマンドで確認できます。

# find /lib/* -name 8139*
/lib/modules/2.4.31-0vl1.8/kernel/drivers/net/8139cp.o
/lib/modules/2.4.31-0vl1.8/kernel/drivers/net/8139too.o
/lib/modules/2.4.31-0vl1.10/kernel/drivers/net/8139cp.o
/lib/modules/2.4.31-0vl1.10/kernel/drivers/net/8139too.o
/lib/modules/2.4.31-0vl1.12/kernel/drivers/net/8139cp.o
/lib/modules/2.4.31-0vl1.12/kernel/drivers/net/8139too.o

「8139too.o」があればOKです。もしない場合は・・・このファイル名でぐぐってください。

次に、ドライバが組み込まれているか確認します。以下のモジュール・ドライバがあればOKです。

# lsmod
8139too 16136 0 (unused)
mii 3380 0 [8139too]
ehci-hcd 20012 0 (unused)
uhci 29084 0 (unused)

結論から行くと、挿せば普通に動きました。適当にUSBメモリをPCカードのUSBに挿すとすんなり認識し、LANもifup eth1(eth0はipw2200で使用)をすると普通に認識し、w3mでyahooへの接続もすんなり行けました。

ただし、シャットダウンやPCカードを抜くとOSが止まってしまいます。これはUSBカード全般に言えることで、このカードの場合上記のものをすべてrmmodしないとPCカードをはずすことができません。

読み込み時にpcmciaが担当しているようなので、このへんを何とかすればいけそうですが・・・

【20060212追加】
テストサーバの環境を有線LANに変更しました。反映させるまでに手順がありましたのでメモしておきます。

接続している環境は、無線LANはeth0、有線LANはeth1としています。

まず、認識させる手順ですが、PC起動→無線LAN切断→PCカードを挿す→有線LAN接続となります。

PCカードを接続した状態で起動すると、eth1として認識させているPCカードがeth0に勘違いさせてしまうので、先ほどのような手順になります。

たぶん無線LANモジュールはずして、初期の状態にすればいいんでしょうけども、面倒なのでそのままやります。

ネットワークの設定そのものは「VineLinux3.2のネットワーク設定」を見てください。ほとんどはこれの修正です。

まずはmodules.confの修正。

# vi /etc/modules.conf
(省略)
alias eth0 ipw2200 ※無線LAN
alias eth1 8139too ※有線LANモジュール名追加
(省略)

networkの修正。

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=crocell
#GATEWAYDEV=eth0 ※無線LANをコメントアウト
GATEWAYDEV=eth1 ※有線LAN追加
GATEWAY=192.168.100.1

無線LANの設定ファイルであるifcfg-eth0の修正。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
ONBOOT=no
BOOTPROTO=dhcp ※IPアドレスがかぶるとまずいのでDHCPにします
#BROADCAST=192.168.100.255 ※コメントアウト
#IPADDR=192.168.100.202 ※コメントアウト
#NETMASK=255.255.255.0 ※コメントアウト
#NETWORK=192.168.100.0 ※コメントアウト
ESSID=WARPSTAR-07ADAA
KEY=s:nfs5azz8jdrm1

有線LANの設定ファイルifcfg-eth1を新規作成。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=no
BROADCAST=192.168.100.255
IPADDR=192.168.100.202
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.100.0

ここで一応再起動します(PCカードがささったままだとフリーズするので、モジュールをrmmodするか主電源を落としましょう)。
起動するまでPCカードはさしてはいけません。
起動後、以下のコマンドで認識させていきます。

# ifdown eth0
(PCカードを挿す)
# ifup eth1

正常に動けば、あとはifconfigやpingでちゃんと認識しているか確認しましょう。

後は外付けHDDの認識だな・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中