何もかも無骨:Shure E2c-J

Shure E2c-J やたら黒い画像ですいません。

とうとう買ってしまいました。

結果を先に言うと、ぶっちゃけ5000円帯イヤホンとの違いがわかりません。予想以上に自分の耳は糞耳でした。

ただ、カナル型であることと、オープンイヤー型イヤホンのように耳にかける形で取り付けるタイプであるため、装着時に耳から外れることはまずなさそうです。

加えて、カナル型というは耳穴に入れて取り付けるものなのですが、そこらのイヤホンに比べてきっちりはまるので、その遮音性の高さは群を抜いています。おかげで細かい音までよく聞こえ、Podcastの小さな声もしっかりと聞き取ることができます。

すべての音がバランスよく聞こえる感じ。

同梱物はイヤパッドにゴム製・プラ製・スポンジ製のものが大中小三種類と、音が出るところに貼り付けるワックスガードというものと、イヤホンケーブルをまとめるケースが付いています。

ケースは見た感じかさばるように見えたので箱から開けてもいません。

プラ製のパッドは硬かったのでゴム製のものを使用しています。スポンジのものは梱包時に何があったのか変形したままなかなか元に戻りません。

外観は特異な形状であるイヤホン部はさておき、イヤホンジャックに差し込むピンヘッダは大きめで、ケーブルも結構太く、結構無骨な印象を受けました。

太いケーブルは適当に使用しても絡まりにくいのがいいです。ただ、ケーブル長が1.6mあるので、iPodのラジオリモコンに繋げるとかなり長くなるのが悩みどころです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中