カードやお札も入る手帳型iPodケース:PRIE TUNEWALLET 5G B/W

PRIE TUNEWALLET 5G B/W TUNEWAREというのは日本のメーカだそうです。フォーカルポイントというところが代理店となっているようです。

で、そこが出したiPod5G用ケースがこのTUNEWALLETというもので、WALLETという名のとおり財布的な用途でも使用することができます。

世の中、財布にカードやらお札やら小銭やらレシートやらをバカバカ詰め込んで、もはや尻ポケットに入らないようなのを持っている人がいますが、ちょうどそんな感じのケースです。

iPod本体以外にもカードや定期入れを入れるスペースがあり、定期用スペースがひとつ、通常カード入れが二つ、裏ポケット?がひとつあります。各スペースにはちょうど1枚分ずつしか入らないので、もし使う人がいれば本当に主要として使うカードだけ入れればよいでしょう。

さすが日本製なのかどうかはわかりませんが、構造もなかなか凝っています。

iPodは写真でいうと左側から入れるのですが、取り出すときにちょこっと見えている紐(クイックリリースというらしい)を引っ張ることで、さしてちからをいれずとも引き抜くことができます。これは便利。

パッケージに「特殊構造により30G・60Gにも対応」とあったので、どうせ板か何かを入れてスペースを稼ぐんだろと思っていたのですが、WALLET本体とiPod窓部との境にゴム状のものがついており、これを伸縮することで両サイズのiPodに対応しているというまさに特殊構造。っていうか30G用と60G用に分けたらええやんと思うのですが、きっとなにか大人の事情があるのでしょう。

その特殊すぎる構造ゆえに角部の仕上げが妙に硬く、ガタガタしているのが残念なところです。

あとiPodの収納部分のパーツが結構分厚いため、装着後のサイズはiPod本体の2倍ほどになってしまいます。

質感はいわゆる皮なのですが、ナッパレザーという素材でできているそうです。本皮のようなギトギト感はないので非常に手になじみやすく、持った感じそれほど違和感は感じません。ただ、ちょっとオッサンぽい感じもします。

あと、素材が素材なので、白モデルは汚れがすぐ目立ちそうです。私はそれを懸念して黒モデルにしました。

iPodを収納する液晶面は特に保護用のシートはなく、これらは同梱のTUNEFILMでまかなう形になります。とはいえ、保護シートがあるおかげで見えにくくなったりしてもこまるので、これはこれで問題はありません。

TUNEWALLETを購入すると、iPodの保護シートであるTUNEFILMが1セット付いてきます。

これはiPod液晶面と背面を保護するものですが、側面は保護しません。きわめて基本的なものです。

けっこう分厚めのシートなので液晶面はいいですが、背面はちょうど曲面に差し掛かった部分が浮いてしまいます。結局はおまけのようなものなので、これはOverLay Brilliantに変えたほうがよさそう。

けっこう長くなってしまいましたが、意外にもこれほどシンプルで、落ちてもiPodには確実に傷は行かないような頑丈さと、なにより見た目が控えめなケースはほかにないかもしれません。個人的にはあの特殊構造を排除してもう少しシンプルにしてもらってもよかったなと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中