より薄く、より軽く。写真・動画・ラジオも見る:Apple iPod MA002J/A

Apple iPod MA002J/A 型番ではまったく想像できないですね。要はiPod with Video 5G 30G Whiteのことです。

あわせて、Apple iPod Universal DockRadio Remoteも購入しました。

Universal Dockは過去のiPodが利用できるDockコネクタの付いた、いわゆるクレードルのようなものです。ただ、ちょっと世代が古いらしく、第5世代iPodのDockアダプタはありません。でもiPod本体にDockアダプタはあるので問題はないです。後々ワイヤレスリモコン使ってみたい人は買ってもいいでしょう。ちなみに通常のDockもありますが、値段が一緒でした。

Radio Remoteはその名のとおり、これをつなげることでFMラジオを聴くことができます。ついでにリモコン機能もあります。

ケーブルをつなぐと項目にFMラジオが出るのですが、ちょっと操作にクセがあります。

ホイールをまわすと音量調節で、放送局のサーチは早送りか巻き戻しボタンの長押しで調整します。微調整やプリセットはありません。もちろん録音もありません。本当にラジオを聴くためのリモコンです。個人的には特に問題はないですが。

ちなみにラジオ機能は第5世代iPodの後に出たものなので、iPod Softwareのアップデートが必要です。

そしてiPod本体。

以前使っていたのが3G前期型で、さして機能もないものだったので、その進化には驚きました。

音楽はもちろん、カラー対応なので写真も動画も見ることができ、インターネットラジオのPodcastが使え、最近ではVideo対応のPodcastが出たりと、非常に便利になっています。

ほかのHDプレーヤーでは見られないカレンダーやスケジュール、住所録機能にいたっては、最近のiTunesを導入すればOutlookのスケジュールと同期できるというバケモノ仕様になりました。

Dockに置いてiTunes起動すれば自動で同期するので、ケータイだとMySyncケーブル挿してソフト起動して同期ボタン押して・・というアクションが少なくてすみます。

実際の操作感はホイール感度が少しよくなった程度で、さして違いはありません。動画の再生は一度HDDへ読みに行くので少々タイムラグがあります。

写真はどうやら一つのデータベースにするらしく、メモやカレンダーといったようにiPodのディレクトリに直接放り込む形式ではないようです。

ちょっと気になったのがHDDの音。シーク音がキャッキャッと言うのが微妙に心臓に悪い。

本運用はもう少し先で、まだジャケットかケースやらを買ったり(店にいいケースがなかった)配線整理(USBの空きがない)もしないといけません。

ほかに必要なものといえば・・

保護フィルム、ケース(手帳のようなケースがあるらしい)、イヤホンくらいでしょうか。

やってみたいという理由だけでDockリモコンも?

【20060206追記】
Radio Remoteのチューニングですが、ラジオ画面のときにセンターを一回押してチューニングが画面がでました。
間違いをお伝えして申し訳ありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中