ケースは何にしようー

先日TSUKUMOでケースを見まくったため、いい加減ほしくなりました。

候補としてはMicroATX限定の白モデルで、

セルサス CS-MC04WH

【価格:7,880/寸法:W195xD385xH377/電源:400W/ベイ:5inx2、3.5inx2、Shadowx2/端子:USBx2、サウンド】
内部アクセスの容易さと奥行きの短さが特徴。ただし、その短さゆえに電源とドライブを選ぶ。
パッシブ・PCIダクトあり。背面ファンに8~12cmファン搭載可能。背面12cmは非常に強力と思う。
3.5ベイとシャドウベイは取り外しが可能(だったと思う)。

CoolerMaster Centurion 540

【価格:9,377(会員)/寸法:W180xD420xH380/電源:なし/ベイ:5inx2、3.5inx2、Shadowx2/端子:USBx2、1394×1、サウンド】

フロントパネルがアルミ、他はスチールというタイプ。デザインもシンプルでかつ渋い。前面に12cm、背面に8cmファンが搭載できる。
ドライブベゼルが隠せるタイプではないため何を付けても不恰好になりそう。別売りのアルミベゼルキットを買ったほうがいいかも。
また、右側板をあけるタイプなため、マザーボードが逆向きになる。拡張カード次第ではドライブ類と干渉するとかしないとか。
ねじ類一切なしのスクリューレス。ただしファンコンのような中途半端な長さのものは、固定したときぐらつく可能性あり。
電源なしでこの値段はやはりクラマスご祝儀価格か?型番にBの付くBTXモデルもあるので注意。

スカイテック SKII-1102W

【価格:9,980/寸法:W180xD425xH390/電源:420W/ベイ:5inx2、3.5inx2、Shadowx2/端子:USBx2、1394×1、サウンド】

前面にメッシュをつけただけのすばらしくシンプルな筐体。ただし内部構造はCenturion540とまったく同じ。カラーリングはアイボリーなので(黒もある)あまりドライブベゼルを気にしなくてよい。SKYTEC公式に日本製のスチールを採用とある(フレームが日本製ではなく)。
Centurionに比べ電源つきでこの値段は安いと思う(誤記でなければ)。

InWin IW-Z588W/WOPS

【価格:5,980/寸法:W180xD410xH360/電源:なし/ベイ:5inx2、3.5inx2、Shadowx1/端子:USBx2、1394×1、サウンド】

パッシブダクトは蓋で調節?可能。前面にへこみのあるグレーのメッシュを使い、割とスタイリッシュ。フロントUSB等はスライド式ドアでアクセス可能。
限りなく普通のモデル(と思う)。

ENERMAX CA2010-MW+LC-B350ATX

【価格:6,980/寸法:W180xD415xH350/電源:350W/ベイ:5inx3、3.5inx2、Shadowx4/端子:USBx2、サウンド】

内部ベイのフレームがケースの上から下まできっちり詰まったタイプのケース。よって剛性はいいほうだと思う。吸気口も広いので通気性もよさそう。
個人的には電源ボタンがメッキであることと、フロントパネルに妙な区切りが入っていることが微妙。たぶん強度の確保と思いますが。
フロントに8~9cmのファン、リアは8cmファンが搭載可能。

選択肢これだけー迷うー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中