VineLinux3.2でウェブカメラ(EyeToy)

EYETOY EyeToy届いた!ついでにQUAKE4も届いた!

ようやくビックカメラからEyeToyカメラが届きました。

早速本来の用途から外れ、流れるようにLOOXに取り付けてdmesgを入力すると以下のようなメッセージが。

hub.c: new USB device 00:02.0-2, assigned address 2
usb.c: USB device 2 (vend/prod 0x54c/0x155) is not claimed by any active driver.
usb.c: registered new driver audio
usbaudio: device 2 audiocontrol interface 1 has 1 input and 0 output AudioStreaming interfaces
usbaudio: device 2 interface 2 altsetting 1 channels 1 framesize 2 configured
usbaudio: valid input sample rate 16000
usbaudio: device 2 interface 2 altsetting 1: format 0x00000010 sratelo 16000 sratehi 16000 attributes 0x00
usbaudio: registered dsp 14,19
usbaudio: constructing mixer for Terminal 2 type 0x0101
usbaudio: no mixer controls found for Terminal 2
usb_audio_parsecontrol: usb_audio_state at c5b2f3e0
audio.c: v1.0.0:USB Audio Class driver

さらに/var/log/messagesを見ると、

Nov 17 23:28:59 crocell kernel: hub.c: new USB device 00:02.0-2, assigned address 2
Nov 17 23:28:59 crocell kernel: usb.c: USB device 2 (vend/prod 0x54c/0x155) is not claimed by any active driver.
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20438]: usb device is added
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20438]: vendor:0x54c product:0x155 Dclass:0x0 Dsubclass:0x0 Dprotocol:0x0 Iclass:0xff Isubclass:0x0 Iprotocol:0x0
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20439]: usb device is added
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20439]: vendor:0x54c product:0x155 Dclass:0x0 Dsubclass:0x0 Dprotocol:0x0 Iclass:0x1 Isubclass:0x1 Iprotocol:0x0
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20440]: usb device is added
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20440]: vendor:0x54c product:0x155 Dclass:0x0 Dsubclass:0x0 Dprotocol:0x0 Iclass:0x1 Isubclass:0x2 Iprotocol:0x0
Nov 17 23:29:00 crocell murasaki.usb[20439]: MATCH(audio) -> match_flags:0x180 vendor:0x0 product:0x0 Dclass:0x0 Dsubclass:0x0 Dprotocol:0x0 Iclass:0x1 Isubclass:0x1 Iprotocol:0x0
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20439]: Dependence(soundcore) was found
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20439]: Loading audio
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20439]: Loading soundcore
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20440]: The device match nothing in mapfile
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20440]: Please change MODULE in following line to the appropriate module name, add it to /etc/murasaki/murasaki.usbmap
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20440]: MODULE 0x0183 0x54c 0x155 0 0 0x0 0x0 0x0 0x1 0x2 0x0 0x00000000
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20438]: The device match nothing in mapfile
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20438]: Please change MODULE in following line to the appropriate module name, add it to /etc/murasaki/murasaki.usbmap
Nov 17 23:29:01 crocell murasaki.usb[20438]: MODULE 0x0083 0x54c 0x155 0 0 0x0 0x0 0x0 0xff 0x0 0x0 0x00000000
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usb.c: registered new driver audio
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usbaudio: device 2 audiocontrol interface 1 has 1 input and 0 output AudioStreaming interfaces
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usbaudio: device 2 interface 2 altsetting 1 channels 1 framesize 2 configured
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usbaudio: valid input sample rate 16000
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usbaudio: device 2 interface 2 altsetting 1: format 0x00000010 sratelo 16000 sratehi 16000 attributes 0x00
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usbaudio: registered dsp 14,19
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: usbaudio: no mixer controls found for Terminal 2
Nov 17 23:29:01 crocell kernel: audio.c: v1.0.0:USB Audio Class driver

ぜんぜん仕様も確かめずに買ったんですが、どうやらマイクもついてるみたいですね。

とりあえずカメラを有効にしたいので、ドライバを探します。

VenderIDとProductIDは0x54c 0x155と出てますので、これで検索をかけるとここがヒットしました。玄箱HGに取り付けてる人はここ。ていうか動作報告を掲載してる日本語サイトは2件だけ・・・?

とにかく、これらのサイトを参考に設定作業していきます。

EyeToyで使用するドライバはOV519となっています。

ドライバを配布しているサイトはここです。

# cd /usr/src/vine/SOURCES/
# wget http://alpha.dyndns.org/ov511/download/ov51x/ov51x-1.65-1.12-mark.tar.bz2 ※バージョンは1.65-1.12(11月18日現在)を使用。
# tar xzvf ov51x-1.65-1.12-mark.tar.bz2
# cd ov51x-1.65-1.12-mark
# make clean
# make ※ov51xドライバのコンパイル。
※もしmakeにエラーが出る場合、kernel-headersがらみのファイルが足りないと思うので、その場合はaptで取得しておくこと。

次に、作成したドライバを組み込みます。

# modprobe videodev ※ビデオ用モジュール?の登録
# insmod ov51x.o ※ov51xドライバの登録
# lsmod
ov51x 87228 0
videodev 7968 1 [ov51x] ※videodevにov51xが入っていることを確認。

200511_18_72_e0072572_12242517 これでドライバの登録は完了。実際にキャプチャした画像を見るには、ソースに同梱されているgetjpegというのがありますので、これを使ってカメラの画像を取得します。

# cd test
# make
# ./getjpeg -d /dev/video0 -o image.jpg

image.jpgをWeb公開しているところに指定すればブラウザから見ることができます。

一応これで設定作業は完了ですが、このままだとxawtvやwebcamが使えません(画面が真っ黒)。

これらを使用するには、ov51xの改造版を使用する必要がありますが、この説明は次回。

以下はメモ。

OV51x改造ドライバ
JPEG圧縮展開ドライバ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中