写真っていいな

にゃー そのときは「いつでも見られるし」とか思ったりめんどくさくて撮らなかったりが多いのですが、それでもがんばって撮って、何も考えず保存して、数年後に暇なときや写真整理したときに見直すことがあります。

「ああ、こんなときもあったなぁ」とか「こんなのあったかなぁ」とか思ったりでなかなか感慨深い。

カメラなら一眼レフややろ!とかレンズにこだわれ!といったことは全くないので、大抵はケータイカメラとかIXY DIGITALで済ませます。

こういったホームユース?のデジカメでも結構奥が深く、むしろこういうもので撮ってこそまた感慨深いものがあるのかなと。

デジカメであれフィルムカメラであれ、人に聞いたところもあわせるとやはり夜間撮影というのが非常に難しく、静止したものを撮るならばまだいいのですが、こと花火となると非常に難しい。ことごとく光が伸びてゲームのパーティクルのようになってしまいます。

今でも花火撮りは難儀してまして、しかたなくビデオカメラで撮ってみたり。

これはこれでまたいいものですが、容量がでかいゆえのエンコード作業がめんどくさい・・・

とにかく、写真は撮れるうちに撮れということでしょうか。

それは月日を経てきっと価値あるものになるはず。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中