ieServer.netでDDNS登録

なんせテストサーバなので、すぐ削除されそうな予感。

ieServer.netにて、DDNS登録してみました。まだApacheすら設定し終わってない状態ですが。

登録方法については非常に簡単です。

ちなみに、とにかくテスト用なので、一般の方にはお見せする予定はありません。ご了承ください。
以前は外部からIPアドレス直打でサーバにアクセスしていたのですが、モデムが切れたりするとIPアドレスが変わってしまい、そのつどアドレスを検索して接続する手間がありました。
やはり、決まったドメイン名でアクセスできるというのは便利です。

今回はieServer.netへの登録と、Cronを用いたieServer.netへの自動IPアドレス更新通知を行えるよう設定します。

IPアドレスの自動更新ソフトに、DiCEというものがあるそうですが、ここではieServer.netが公開している自動更新スクリプトを使用します。


# cd /etc ※スクリプト関係はどこにまとめればいいのか分からないので、取りあえずここに置く
# wget http://ieserver.net/ddns-update.txt ※ファイルの取得
# mv ddns-update.txt ddns-update.pl ※名前の変更
# vi ddns-update.pl
【21行目あたり】ただのこだわり。
$CURRENT_IP_FILE = "ddns-current_ip"; ※ファイル名をスクリプトと似たようなものにしておけば探しやすい
【24行目あたり】これもこだわり。
$LOG_FILE = "/var/log/ddns-ip_update.log"; ※ログファイルなのでログをまとめてあるところに置く
【33行目あたり】ieserver.net登録情報を記述
$ACCOUNT = "ログイン名"; # アカウント(サブドメイン)名設定
$DOMAIN = "登録したドメイン(dip.jpなど)"; # ドメイン名設定
$PASSWORD = "******"; # パスワード設定

これで下準備は完了です。

次に、このスクリプトを定期的に実行するため、crontabに登録します。

# vi /etc/crontab
【適当な場所に追加】30分ごとにスクリプトを実行
30 * * * * root perl /etc/ddns-update.pl

あとは、システムの再起動なりcrondの再起動なりで反映されるはずです。

外部からの接続にいちいちIPを書かなくていいので結構楽です。
これでメールも使えるかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中