VineLinux3.2にアップグレードしてみる

気が向いたので3.1だったVineLinuxを3.2にしてみる。
いくつか新しく覚えたものがあるので、あわせて記載します。

sources.listファイルの編集。

# vi /etc/apt/sources.list
【10行目あたり】「3.1」と書かれたところを「3.2」に変更。
rpm http://updates.vinelinux.org/apt 3.2/$(ARCH) main devel plus updates
rpm-src http://updates.vinelinux.org/apt 3.2/$(ARCH) main devel plus updates
※できればVineへの負荷分散のためにring serverを指定したほうがいいかも。

ソースリストのアップデートとアップグレード。

# apt-get clear ※古いファイルのクリア。
# apt-get update ※ソースリストの更新。普段見ないメッセージが出たらもう一度行ったほうがいいみたい。
# apt-get dist-upgrade ※OSのアップグレード

kernelイメージの作成。
lilo.confを見ると、VineLinuxはイメージからブートを行っているらしい。意味はよくわからないけどkernelも新しくしたらイメージもそれにあわせるとよいそうなので、作成しておきます。

# cd /boot
# mkinitrd initrd-2.4.31-0vl1.8.img 2.4.31-0vl1.8
※bootの中を見てもらえば、新しいkernelの2.4.31-0vl1.8が書かれたファイルがあるので、それにあわせます(もちろんバージョンによって変わる)。

lilo.confの設定。
kernelも新しくなりましたが、liloには反映されていないので設定する必要があります。

# vi /etc/lilo.conf
※新しいkernel。古いkernelの記述部分をコピーペーストして青色の部分だけ変更する。
image=/boot/vmlinuz-2.4.31-0vl1.8
label=linux
initrd=/boot/initrd-2.4.31-0vl1.8.img
read-only
root=/dev/hda2
append="ide0=ata66 ide1=ata66 acpi=off apm=power-off resume2=swap:/dev/hda3"
※古いkernel。
image=/boot/vmlinuz-2.4.27-0vl7.6
label=linux-0vl7.6 ※名前はlinux-oldでもよい。長すぎる名前はダメ。
initrd=/boot/initrd-2.4.27-0vl7.img
read-only
root=/dev/hda2
append="ide0=ata66 ide1=ata66 acpi=off apm=power-off resume2=swap:/dev/hda3"

liloの登録。
上記の編集作業後保存して、以下のコマンドでliloの登録をします。

# lilo
Added linux *
Added linux-0vl7.6
※上記のようなのが出れば成功。

あとはrebootしておきましょう。
方法を探したサイトには3.2のデフォルトで使われるPHPが4から5になったと書いてあったのですが、こちらの環境では変更はありませんでした。特に見た目の変更はなし。別に早くなったとか遅くなったとかはないです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中